TOP通販 > かに通販

かに通販は、実は結構、当たり外れがあります。例えば、重さにしても、水をかけて凍らせた状態で、水増しして計っている業者も少なからず存在します。

そのため、かに通販サイト選びは結構重要なのです!

当サイトで紹介しているかに通販は、毎年人気のかに通販サイトです。毎年人気で、年々売上も伸びているくらいですから、失敗しないカニなんですよ!

とっても人気なので、すぐに売り切れちゃうから、急いでね!

かに通販おすすめランキング

かに本舗

かに本舗は、3年連続ネットショップ大賞グルメ・ドリンク部門総合1位を受賞した大人気のかに通販サイト。社長自らアラスカ現地までかにの買い付けに行くという気合の入った買い付けで、迫力満点のカニを産地特価で大量に仕入れ、低価格で甘みと旨みに満ちたかにを提供しています。昨年も、かに70,000セットを売上げた実力はだてではありません。

取扱種類ずわいがに、たらばがに、毛がに
人気商品特大 生本たならばがに半むき身セット1kg4,800円(税込)
送料常温780円、冷凍冷蔵980円、8,000円以上注文で送料無料

公式サイトはコチラ

北国からの贈り物

北国からの贈り物は、毎年楽天ショップオブ・ザ・イヤーを受賞し、テレビや雑誌でも多く紹介されているカニ通販ショップです。通常商品も激安だけど、見逃せないのが訳ありカニ。訳ありカニなら、北国からの贈り物でほぼ決まり!他店に負けない低価格なのにボリューム満点で食べ応え抜群です。

取扱種類ずわいがに、たらばがに、毛がに
人気商品訳ありタラバガニ足1kg6,458円送料無料
送料全国(沖縄除く)1,080円 送料無料商品多数あり

公式サイトはコチラ

マルゲン後藤水産

マルゲン後藤水産は、肉厚でプリップリのたらばがにの極太脚が大人気のカニ通販ショップです。極寒の海で育ったアラスカ産のたらばがにを激安で提供しています。より冷たい水で育った方が大きく品質もよくなるということでロシア・アラスカ方面の海で撮れたものを厳選しています。1肩で1kgもあるようなL~2Lサイズのタラバガニの極太脚は、食べ応えバッチリです。

取扱種類ずわいがに、たらばがに、毛がに
人気商品極太タラバガニ脚2kg13,446円送料無料
送料全国一律1,080円 送料無料商品多数あり

公式サイトはコチラ

かにまみれ

かにまみれは、Yahoo!ショッピング売れ筋ランキングで1位に度々登場している人気のかに通販ショップです。全品訳なし商品なので、納得の品質を誇り、ギフトや贈答品として利用される方も多いです。中でも3特、4特の毛がにを安定供給できるのはかにまみれだけです。他のかに通販ショップでは取扱いの少ない花咲かにを取り寄せできる数少ないショップでもあります。

取扱種類ずわいがに、たらばがに、毛がに、花咲がに
人気商品極太タラバガニ脚2kg13,446円送料無料
送料全国一律1,080円 送料無料商品多数あり

公式サイトはコチラ

訳ありの、かに通販は売れ残り?

かに通販のカニは驚くほど安いですが、まさか売れ残りを販売している訳じゃないですよね。ありえないと思っても、値段を見ると本当に安い。来月の父親の誕生日にかにを贈ろうと思っているので、ちょっと心配になってしまいました。

なので、「安さの秘密と、売れ残りを販売しているのか?」直接業者さんに聞いてみる事にしました。電話が一番よかったのですが、今回はメールで質問してみました。

私がメールを送った業者は「かに通販の老舗」で、長い歴史がある業者です。質問は、「なんでこんなに安いのですか?」「売れ残りを扱っていないですよね?」の二つです。

次の日、すぐに返信がきました。返信内容は、「中間業者を介さないので安く販売できる」「売れ残りは扱っていませんが、訳ありとして販売しているかにはある」との事です。

なんでも、個人に直接販売する事でコストを削減できるらしいです。それがかに通販が安い理由みたいですね。

普通に鮮魚店で販売するよりも売り上げが良いらしいので、個人にも業者にもメリットがあるようです。確かに、インターネットの普及によって「通販」が生活の一部になっている人もいるらしいですし。

そして問題の「売れ残り」の件ですが、扱っていないそうです。

ただ、「甲羅に傷がついたり足が折れたりして商品価値が下がった物」を「訳あり商品」として販売しているようです。いわゆる規格外のカニですね。

訳あり商品は、商品名に【訳あり】などと記載してあるので、一目でわかります。正直、売れ残りを扱っていなくてホッとしました(笑)

かに通販の注意点

今回は、「かに通販の注意点」についてご紹介したいと思います。それは、「悪い業者を選ばない事」ではないでしょうか。

よくある通販失敗談の中に、「思ってたよりも小さかった」とか、「外見に傷があった」などの声があります。そういった「粗悪品」を回避するために、「良い業者選び」が重要になってきますよね。

では、良い業者と悪い業者を判断する基準は何なのでしょうか。

それは、「口コミ」と「評判」です。正直な話、通販という仕様上、「動画や静止画、文章だけ」でしかどんな業者なのか判断できません。表向きは良い事ばかりPRしても、実際はどんな商品を販売し、どんなサポートをしているのかわからないですよね。だからこそ、口コミや評判を参考にするのです。

例えば「かに通販 口コミ」とかです。そうすると、口コミや評判をまとめたサイトが出てきますから、そこでかに通販業者について調べてみるのがいいでしょう。

そして、評判が良い業者を見つけたら、財布と相談して購入するか決めれば良いです。もし、注文を検討していた業者に悪い口コミを見つけたら、一旦保留にした方がいいかもしれませんよ。

「口コミ」や「評判」はあくまで主観なので絶対信用できるという訳ではありませんが、少なくとも参考にはなりますからね。かに通販を利用する際の注意点は以上です。「絶対に失敗しないために」この情報を参考にしてほしいと思います。

かに通販で取り扱っているかにの種類

かに通販サイトによって、販売しているかにの種類は異なりますが、それでも全体的に見て、タラバガニ・毛ガニ・ズワイガニ・花咲きガニ・タカアシガニなどが多いのではないでしょうか。タラバガニは、海産のヤドカリの1種で、かにに似た姿をしていますが、実は歩脚は三対…と、一般的なかによりも一対少ないのが特徴です。つまり、ハサミを含めて全部で8本しかないんですね。そのハサミは、左右で大きさが異なっており、右側の方が少し大きいです。全身は、短いトゲのような突起で覆われており、甲羅は丸みがかった五角形になっています。北海道以北に分布しており、鱈がよく獲れる場所に生息していることから、このタラバガニという名前が付けられました。実際、漢字で書くと鱈場蟹となります。旬は11月~翌年3月頃で、肉は美味しく、缶詰によく利用されています。

毛ガニは、クリガニ科の海産のかにで、甲羅はやや丸みを帯びた四角い形をしています。体全体に長く太い毛が生えており、脚はハサミも含めて全部で10本あります。北海道以北に生息しており、北海道の代表的なかにとしてよく挙げられています。旬は12月~翌年3月頃で、かにの種類のなかでも、最も高値で取引されているかにです。

ズワイガニは、クモガニ科の海産のかにで、甲羅は丸みのある三角形になっています。ズワイガニの雄は、甲羅はおよそ15cm、歩脚を含めると80cmにもなる大きめのかにです。ちなみにズワイガニの雌は、成熟した段階で成長が止まってしまい、雄の半分ほどの大きさしかありません。日本海に主に生息しており、日本海側にとっては重要な水産物となっています。旬は11月~翌年3月頃までとなっており、産地ではこの期間、沿岸は底引網漁船で活気づいています。

花咲きガニは、タラバガニと同様、ヤドカリの1種です。甲羅はおよそ12cmほどで、体中についているトゲは大きく、また歩脚が太くて短いのが特徴です。北海道以北に主に生息しており、根室半島の近海で特に多く獲ることができます。この根室半島は、花咲半島とも呼ばれており、その周辺で多く獲ることができるため、こう呼ばれるようになったそうです。また、茹でた時の様子から花咲ガニと呼ばれるようになったとも言われていますけどね。旬は9月~11月頃…と少し早めが収穫期となっており、味は他のかにと比較すると、濃厚で甘味があります。身の量も多いのですが、殻がとても固いため、食べる際は少し苦労するかもしれません。しかし、それもかにを食べる時の醍醐味でもありますよね。

タカアシガニは、脚が非常に細長いのが特徴で、雄の場合、成体になると、ハサミが歩脚よりも長くなります。ハサミを広げると3mを超えるタカアシガニも珍しくありません。甲羅もかにの種類のなかでは最大で、甲羅が30cm、甲長が40cmとなっています。まだ若い時は体中に毛やトゲが生えていますが、成熟していくにつれて毛は短くなっていきますし、トゲも目立たなくなっていきます。このタカアシガニは、日本近海に存在する固有種であり、東北~九州の太平洋岸の推進150m~800mほどの深海砂泥底で生息しています。そのため、捕獲する場合は、底引網を使って漁獲しています。主な生息地は、相模湾・駿河湾・土佐湾・伊豆七島の周辺となていますが、産卵期となる春頃は禁漁となります。

ちなみにかにには、健康を維持するための成分が多く含まれています。多くの海産物のなかでも、かには栄養価がとても高いことで有名です。かにの種類によって栄養成分の含有量などは異なっていますが、アミノ酸の1種であり、心肺・肝臓の機能を高める・貧血予防・疲労回復・視力の向上・悪玉コレステロールを減少させる…といった効果のあるタウリン、結構をスムーズに改善させるナイアシン、歯や骨を丈夫にすることができる一歩で、ストレス解消の効果もあるカルシウム、抗酸化物質であるアスタキサンチンなどが、豊富に含まれています。このうち、アスタキサンチンというのは、赤い色素を持つ栄養素のことで、体内や肌の老化や、成人病の予防・防止にも役立つと言われています。アスタキサンチンの成分をスキンケア化粧品に使用した商品もありますよね。更に、かにの甲羅には、病気への抵抗力を高める効果や血中コレステロールを下げる働きを持つキチン質も大量に含まれています。また、かに味噌には、体内の脂肪を燃焼させる効果を持つグリコーゲンという成分も多く含んでいます。グリコーゲンは、油が豊富な料理と一緒に食事することで身体へ脂肪がつくのを防ぐことができるため、肥満予防やメタボリック症候群の改善などの効果を得ることができますよ。

おまけに、身体の筋肉等を形成する良質なたんぱく質を含んでいる一方、脂質や糖類はほとんど含まれていないため、低カロリー食材としても有名です。健康維持のために役立つ成分を多く含み、しかも低カロリーなので、たくさん食べても太る心配がない…というのは良いですよね。

美味しくかにを食べるために…

かに通販を注文し、冷凍された状態のかにが届いた際、正しく保存をしなければ、せっかくのかにの味や風味が落ちてしまいますので、正しい保存をすることが大切です。かにが届いたその日に食べる以外はまず冷凍庫に保存します。配達された時は、発泡スチロールに入っていることが多いと思いますが、そのままの状態で置いておかず、すぐに冷凍庫へ入れて下さい。冷凍する場合は、かにのお腹を上にして保存するようにして下さい。というのも、かにの腹を下にした状態で保存すると、かに味噌やかにの旨味が流れ出てしまうことがあるのだとか。冷凍されているのに、旨味やかに味噌が流れ出るの?と思ってしまいますが、かにを扱っているお店で働いている方が言っているとのことなので、腹を上にして保存するようにして下さい。また、かにが不在時に届いてしまわないように、注文する際に時間指定をして、確実に自宅にいる時間帯に届けてもらうようにして下さい。

そして、かにが届いたその日に食べる場合でも、冷凍された状態で届くかにを解凍する時間を考慮して時間指定することも重要です。かに以外でも言えることですが、無理に解凍しようとすると、味や風味が落ちてしまい、せっかくの食品が台無しになってしまいます。もちろん、冷凍かにの解凍の仕方は、注文したかにの種類によって異なりますので、注文する前にしっかりと調べておいて下さい。かに通販サイトによっては、サイト上で説明しているところもあります。また、もし非加熱の状態のかにが冷凍されている場合は、解凍する方法として、流水につけて解凍する方法が良いですよ。冷蔵室に移動させて解凍したり、常温での自然解凍を行うことで、かにの表面の色が黒く変色してしまいます。何故黒く変色してしまうかというと、かにの体液が空気に触れることで酸化してしまうんですね。味にはそれほど影響はないようですが、見た目が悪くなってしまいますので避けましょう。非加熱の冷凍かにを流水に5分ほどさらしてて下さい。いつまでも流水にさらしたままだったり、バケツなどに水を張って浸けっぱなしにしていると、かに味噌やかにの旨味が水へ流れ出てしまいます。流水で5分ほど流し、そして短時間でサッと引揚げるのがポイントですよ。そして、加熱されたかにが冷凍されている場合は、常温で半日~8時間ほどの時間をかけて、ゆっくりと解凍して下さい。この時、かにのお腹は上を向けた状態にしておいて下さい。

もし、冷凍された状態のかにをすぐに食べたい場合は、非加熱のかにである場合は、先ほどと同様、流水に5分ほどさらすか、凍ったままの状態で蒸すのがベストです。その時、かにのお腹を上にしておくことが大切ですよ。加熱されたかにである場合は、自然解凍をし、解凍でき次第すぐに食べることがベストです。凍っているので、非加熱のかにと同様、蒸してしまおうかと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、1度茹でたかにをもう1度茹でてしまうと、かにの身の水分が飛んでしまってパサパサの食感になったり、旨味が逃げてしまいます。ただ、鍋にかにを入れる場合は、凍ったままの状態で鍋に入れてしまうのもアリかと思います。しかし、やはり1番良いのは、食事をする時間を逆算して、時間指定で届けてもらうようにすることです。そして、冷凍されていない、生のかに(活かに)を購入した場合は、新鮮なうちに刺身にして食べるのが、1番美味しいかもしれません。刺身で食べるための下ごしらえというか、下準備が大変そうな気がしますが、包丁をかにのお腹に当てて縦半分に切り、脚を腹部に間接を少しの越した状態にして、1本1本を切り離していきます。そして、脚の先端を持って、柔らかい脚の裏側(白い部分)を、1番太い関節部分のみ包丁で削ぐようにして切り、身を取り出すのです。その後、素早く氷水を入れたボウルなどに入れると、まるで花が咲いたかのようにかにの身が開きます。よくテレビ番組などで見かけるシーンですよね。かにの身が開いた後は、清潔な布巾に置いて水気をしっかりと切ればOKです。もし、活かにを自宅で茹でる場合は、10分~15分ほど冷水にかにを浸けておきます。かにの姿は完全に隠れることができるほどの大きな鍋を用意し、そのなかにたっぷりと水を張って、水1リットルに対して30g~40gほどの塩を入れて沸騰させます。沸騰後は、そこにかにを入れて茹でるのですが、その時、甲羅を下に向けて入れる…つまり、腹を上にした状態で入れて下さい。

贈答品として購入する場合は、加熱されたかに…つまりボイルされたかにを選ぶことをオススメします。ボイルされたかには、送られた側が調理する手間が省けるのが大きな利点です。かにをお歳暮などに貰うことはとても嬉しいものですが、しかし大抵の場合、生のかに…非加熱のかにを貰っても、どうやって調理すれば良いか判らない方のほうが多いと思います。自分で茹でるにしても、かにが入る大きさの鍋があるかどうかも判りませんし、蒸すにしても蒸し器があるかどうかも送る側は把握することはできません。確かに、生のかには新鮮ではありますが、それに調理する、または下準備をするには時間がかかりますから、せっかくのかにの贈物でも、人によっては迷惑に感じてしまうこともあります。そのため、ボイルしたかにを送ることをオススメします。ボイルするにも、ちょっとした塩加減の差で味に大きな影響が与えられます。大抵の場合、プロがかにを茹で、そして急速冷凍を行うため、美味しくかにを食べることができますよ。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。