TOP通販 > すのこベッド

すのこベッド

今、すのこでできたベッド、すのこベッドが人気なのだそうです。

その理由の1つに、「すのこベッドは身体に良い」というのがあるんですね。

ただ、寝るだけなのに身体に良いってどういうこと!?と疑問を持つかもしれませんが、すのこベッドはご存知の通り、木で出来ています。

その木の表面が、寝ている間に人間の発汗を促し、発散作用を高め、新陳代謝を活発にさせる働きを持っているのだそうです。

また、木は湿気を吸い込む力を持っています。それはすのこベッドでも同様で、湿気を吸い、そして湿気を吐き出すことが可能なので、通気性にも優れており、衛生的にもすのこベッドが良いんですよね。

ベッドって年中そこに置いたままですよね。

たまに布団は干すとしても、基本的にスプリングは布団ほど頻繁に干せるものでもありません。

季節によっても異なりますが、ベッド付近の湿気って物凄いんですよね。部屋の環境によっても違いますが、フローリングが汗をかいたようにぬれていたり、水滴がついていたり…というのも珍しくはないそうです。

思えば、私の実家も、建て直す前まではそんな状態になる部屋があったなぁ…。

そう考えると、すのこベッドは部屋の湿気や布団の湿気の調整をしてくれるわけですから、その心配がないのは良いですよね。
それに天然木は丈夫で強く、かつ独特の弾力もあるので寝心地はとても良いそうですよ。

すのこベッドのすのこの材質は、桐・ひのきが主流のようです。

すのこベッドの種類も多種多様で、シングルベッドからセミダブルベッド、ダブルベッドがあり、デザインも多様にあります。二段ベッドもありますし、また折りたためるすのこベッドもあるようです。

ベッドの下部に、キャスターつきの引き出しが取り付けられていて、収納できるタイプのベッドもあるみたいですよ。

すのこベッドは、オンラインショップや通信販売でも販売されているほか、自分にあったすのこベッドを作ることが可能なオーダータイプのものもあります。

すのこベッドとカビ

知られているようで意外に知られていない…。もしくは気づかれていないのが、ベッド付近や布団付近のカビです。

布団とマットレスの間は、布団とフローリングの間は湿気が溜まりやすくなっているため、カビが発生する原因となっています。

確かに、フローリングに直接布団を敷いて寝ていると、フローリングが湿気っている時があります。これがベッドであれば、気づかずにそのまま放っておいて、そしてカビが生える…となってしまうのかな、と思うと怖いですよね。

すのこベッドは、布団やマットレスとの間が隙間ができ、通気性がありますから湿気が溜まることはありません。

つまり、カビが発生する確率もとても低いということになります。

また、人間は寝ている間、特に暑くなくてもコップ1杯~2杯の汗をかきます。それが全て布団に吸収されてしまえば、当然布団が湿気を含んでいることとなり、これまたカビの原因となってしまいますよね。

湿気やカビ…というと、梅雨時期を真っ先に思い浮かべますが、確かにその通りなのですが、実は1年を通じて湿気やカビはつきまといます。

先ほど挙げた、フローリングが湿気っていたのも、実はこれ、冬場での出来事なのです。

日本の家は密封性が高いため、湿気の逃げ場がなく、こもっている状態の部屋が多いそうです。更にマンションだと余計にそうかもしれません。我が家は、1階と言うこともあって、恐ろしいくらいの湿気です。おまけに子供が3人いてるので、彼らの熱で余計に湿気るような感じです(^_^;

カビはアレルギーの原因にもなりますし、健康を害するものです。健康を守るためにも、カビのない空間で眠ることが大切です(もちろん、リビングやダイニングでもそうですけどね)

ただ、すのこベッドがいかに通気性は良いとはいえ、やはり、木の部分は、湿気ますから、カビ対策にすのこベッドという選択では、正直なところ、厳しいです。

あくまで、「カビが生えにくい」というものであって、「絶対にカビが生えない」ではありません。

きちんと毎日布団を上げて、乾燥させてあげないと、カビは生えてきます。実際我が家でも一時期すのこベッドを使っていましたが、横着して敷きっぱなしにしていたら、黒ずんできました。(^_^;

木と布団が接する部分にはどうしても湿気がたまりますので、木の部分が太いすのこベッドほど、湿気てしまいます。そのため、理想的にはすのこベッドの上に、吸水性のあるシート、除湿マットとか湿気取りシートとか言われるマットを敷いてあげて、その上に布団を敷くというのがおすすめです。

すのこベッドのカビ防止効果

すのこベッドは、ちょうど布団やマットレスと密着する側面の部分がすのこになっているベッドを言います。

当然、隙間がありますし、材質はヒノキや桐などの木で出来ています。

隙間があるすのこのような側面と、全く隙間のない側面とでは、通気性が全く違いますよね。

湿気の逃げ場があるものと、湿気の逃げ場がないものとでは、カビが生える確率は全く違います。断然、すのこベッドの方がカビ防止効果は優れているといえます。

カビの菌はそこらじゅうに浮遊していますが、カビ菌が着手して、温度と湿気、そして栄養分が加わるとカビが生えてきます。

ですから、すのこベッドは少なくとも湿気を溜め込むことはありませんから、カビ防止効果もありますし、カビが生える確率もかなり少なく済むんですよね。

更に、最近は側面の木の部分(すのこになっている部分)に更に穴が開いていたり、細い通気口のようなものが入れてあるので、更に湿気が逃げられるように工夫されているものも多いですから、更にすのこベッドのカビ防止に期待できますよね。

また、中央部分(寝ている時に腰やお尻にあたる部分)をU字状に加工し、上下にゆるくカーブするように施されているものもあり、更に通気性の高いすのこベッドもあります。

寝ている間はもちろんのことですが、日中でも湿気は関係ありませんからね。出来る限り通気性の良いものの方が良いに決まっています。

すのこベッドの種類によっては、折りたためるものもありますから、そのタイプのすのこベッドだと、日中も湿気がこもらないように出来るのでカビ防止に更に役立ちますよね。

すのこベッドを使っているからといって、完璧にカビ防止が出来るわけではありませんし、寝室の環境によっては湿気がこもり、カビが生える可能性もあります。

ですから、すのこベッドを使っていれば、絶対にカビが生えない!といわけではありませんので、その点は注意して下さい。

ただ、何度も言うように、すのこベッドは通気性が優れていることは確かですから、それにあわせてカビ防止効果に比例することには変わりありません。問題は部屋の環境ですね。

すのこベッドのマットレス

通気性が良く、カビの防止にも効果が期待されるすのこベッドに注目している方も多いと思うのですが、「どうやって使うのだろう…?」と疑問に思いませんか?

ベッドといえば、普通マットレスがあって、布団があって…といった感じですが、すのこなので、畳のような間隔でそのまま敷布団を敷くかな、とか…。

すのこベッドのタイプにもよって異なるかもしれませんが、すのこベッドにもマットレスは十分に機能します。

ただ、折りたたみタイプのすのこベッドは、通常のマットレスは不要です。折りたたみの意味がありませんから。ですから、固定のすのこベッドであれば、通常のマットレスは使用可能となります。

しかし、最近は折りたたみタイプのすのこベッドでも使用できるよう、マットレスもベッドのように折りたためるようになっているものもありますので、その場合は使用可能です。

中央で2つに折りたためるすのこベッドとマットレスだと、そのまま干すことが出来るので、清潔を保つためには良いですよね。

通常のマットレスならば干すのに一苦労ですが、折りたたみ可能であれば簡単に干すことができます。

せっかくのすのこベッドなのに、マットレスを置いては意味がないのでは?と思われるかもしれませんが、マットレスも基本的に通気性は悪くないんですよね。

ただ、通常のベッドだと、マットレスと接している部分で通気性が遮られてしまうため、湿気が溜まってしまうのです。

しかしすのこベッドであれば、マットレスの下部分に湿気が溜まってしまうことはありません。

もちろん、すのこベッドを置く部屋の環境によって、また選ぶマットレスの質によっては湿気が溜まり、カビが生えてしまう可能性も無きにしも非ずですので、それは念頭に置いておいて下さい。

すのこベッドに合うマットレスのサイズや質も多種多様にあり、また、すのこベッドとセットになって販売しているところも多いのですよ。

部屋の環境を良くし、また寝やすい環境を作るためにも、ベッドやマットレス選びは大切ですよね。

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。