腰痛にいい布団?を買いました~

雲の上で寝ているような寝心地の敷布団というキャッチフレーズで売り出されている一番星さんの雲のやすらぎという敷布団を購入しました~!

実は腰痛持ちで、ふわふわの敷布団では、目覚めたときに腰が痛いし、硬すぎる敷布団は腰以前に体全体が軋むような痛さがあるし・・・で、なかなか良い敷布団に出会えませんでした。

で、布団屋さんに行っても、実際にそこで寝てみるなんてことはなかなかできないので、それならいっそネットで!と、色々と情報収集していました。

実際に使った人のレビューや何やを吟味しまして、決めたのが「雲のやすらぎ」でした。

雲のやすらぎに決めた最大の理由は、敷布団に欲しい機能は何?というアンケートを実施して、その全部の欲しい機能を入れたという、すごい発想と、モニターアンケートで寝心地が良いと答えた人が98%も居たこと、それに敷布団にかかる体圧をうまく分散するという独自の方法を用いて、敷布団の寝心地を深く追及しているところに惹かれました。その敷布団に欲しい機能というのが、腰痛の軽減、肩こりの解消、湿気がこもらない、抗アレルギー、温かい、防ダニなどで、それらが全部盛り込まれた敷布団って、それだけでも興味津々です。

ちなみに、どんな風に梱包されて送られてくるかというと下記の通りです。敷布団一枚とはいえ、大きな包みです、やはり・・・

外の包みを開けてもやっぱり大きな袋入りでした。当たり前ですが。

実際に寝ているときの敷布団の様子を写真に撮ってみました。私が撮影するので、旦那を寝かせてみました。

私が寝てみた感想は、この画像の通り、ほんとにどこにも負担がかからないって感じです。体が沈み込むことがなく、すごく寝返りが打ちやすいんです。購入したのは冬で、厚さが17センチというのが、夏には暑いんじゃないだろうか?と気になっていたのですが、雲のやすらぎは両面使用になっていて、冬は高品質の羊毛側を、夏は防ダニ加工を施したポリエステル生地の側を使用するという風になっています。冬は暖かく夏は涼しい作りです。

一応、両面が見えるように折り曲げて写真を撮ってみたのですが、分かりますでしょうか?左手側が冬用、右手側が夏用です。画像だけでは少し分かりにくいですかね・・・ここ最近暑くて寝苦しい日もありますが、夏仕様の方で寝ると、結構涼しく眠れましたよ。もちろん、冬は暖かかったですしね。

この雲のやすらぎを作る際に使用されているクロスクラウド製法という方法ですが、これが寝心地をよくする最大のポイントなんです。繊維の目が横方向の中芯を繊維の目が縦方向のマットレスで挟むことで、寝転んだときの体の圧力を縦と横に分散してくれるので、体で特に重みがかかるお尻の部分や、胸の部分が深く沈み込むということがありません。ほんとに体がまっすぐになっていると実感できますよ。体が沈み込まないというのは、旦那が寝ている画像でもお分かりかと思いますが、私の手で思いっきり敷布団を押してみたところも写真を撮ってみました。

強く押しても、ムダに沈み込むことがなく、いい具合に押し返される感じです。実際に使った方の中にも冷え性の改善や腰痛の改善を実感している方も多いようです。私はまだ腰痛の改善を実感するほど使い続けていないのですが、朝起きるときに手足の先が冷たい感じがしていたのが無くなったなぁという実感はあります。これはきっと血流がよくなって、冷え性が改善されてきているのではないかな?と思っています。何といっても、整体院の先生のお墨付きだし、楽天でもデイリー売上ランキングの1位に登場しているし、テレビ番組でもたびたび取り上げられているようです。注目を集めている敷布団「雲のやすらぎ」を、腰痛や肩こりで悩んでいる人は是非購入してみてください。私がいい、いいといい続けているので、近々旦那の分も購入することになりそうです。

雲のやすらぎ
『モニター50人が絶賛した敷布団遂に商品化!!』
◆雲のやすらぎ 今なら 59,800円⇒39,800円(送料込み)

この記事を読んだ人は、こんな記事も読んでいます。