TOP > 太陽光発電メリットデメリット

ヘッドライン

太陽光発電メリットデメリット

その選択、間違っていませんか?

費用の中身をちゃん理解していますか?

保証期間の保証内容は大丈夫?

太陽光発電の設置の推進は、国を挙げての大騒ぎでどんどん進められているようですね。でも、まだまだ設置されている数は少ないように思えます。太陽光発電には多くのメリットがあります。それと同時に意外と知られていないデメリットも存在するのです。

太陽光発電のメリット・デメリットを理解した上で納得の太陽光発電を設置しましょう。

その選択間違っていませんか?

太陽光発電は、電力不足を解決してくれるということと、売電価格が高めに設定されていたことなど様々な思惑が入り交じって、太陽光発電が話題に上ることが多くなりました。実際、太陽光発電を取り扱っている会社も非常に増えています。もちろん、太陽光発電は高価な買い物ですから、設置を検討するときは見積もりを取ることが必須になります。色んな業者を比較してより良いものを選ぶことになりますが、ちゃんと自宅の屋根にあったものを選んでいるでしょうか?発電量には納得しているでしょか?

太陽光発電は、ソーラーパネルのサイズや形など様々なものがあります。屋根の耐久性や形状、面積、そのほか日照条件などの設置個所の条件により希望しているものが設置できるかどうか変わってきます。そのため、実際に屋根を見てもらいそこにあうソーラーパネルを選ぶことが重要です。そのためにも見積もりはたくさん取った方がいいですし、きちんと説明を聞いたうえで比較し納得した業者の太陽光発電の設備を選ぶようにしなければなりません。

費用の中身をちゃんと理解していますか?

いくつもの太陽光発電を取り扱っている業者から見積もりを取るのですが、その見積もりは本当に大丈夫ですか?単に安いだけで決めていませんか?

太陽光発電を取り扱う業者には悪徳業者も多く存在しています。値段だけで決めても実際に工事がうまくいかずに設置ができなかった、設置したが思うように発電量が増えない、設置後に屋根にトラブルが発生した、工事に際して追加の費用が多額に発生したなどのトラブルが後から出てくることもあります。

太陽光発電の見積もりには、太陽光発電の設備機器だけを見積もったものもあり、実際にはそれを設置する工事費用は別になることもあります。実は、その工事自体が種類もたくさんあり意外と費用が掛かるケースも多いのです。後で困らないためにも、見積もりに含まれている金額は何なのか、見積もりに記載されている金額は本当に必要な費用なのか、後から発生する費用はないかなどをきっちりと事前に確認する必要があります。

保証期間、保証内容は大丈夫?

太陽光発電の設備機器の保証期間はメーカーにより異なります。長いもので20年、短いものでも最近では10年くらいの保証はあるようです。保証期間は設備機器の種類により異なる場合もありますので、よく確認する必要があります。

また、1年目は無償、2年目以降は点検は無料だけど不具合があった場合の修理は有償など、有償・無償の期間なども確認事項になります。

そして大事な点として、保証の対象となる事由です。ほとんどの場合、自然災害による損傷や故障の修理は保証の対象外になります。一部の自然災害を保証の対象としているメーカーも出てきているようですが、まだまだ少ないです。

また、有償による自然災害の保証が付いているものも出てきていますが、ほとんどの場合は、家の保険の見直しをして太陽光発電(家の一部となるため)を含めて損害保険を掛ける必要が出てきます。何が保証の対象となり、何がならないかを確認する必要があります。

太陽光発電興味はあるけど、どこに頼めばいいの?
太陽光発電設置施工の厳選業者を徹底比較!

↓ ↓ ↓

太陽光発電一括見積り依頼はコチラから

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電にのメリットはたくさんありますが、それと並行してデメリットも存在します。太陽光発電を検討するためには、メリットは当然、デメリットも理解した上で行うことをお勧めします。これを理解することが見積もりを取る際にも役立ちますし、見積もり後の値引き交渉にも役立ちます。

●太陽光発電のメリット

太陽光発電のメリットは、何を置いてもやはり太陽が出ている間は、自家発電した電気を利用して電力会社から電気を購入する必要がないということでしょう。社会全体の節電にもなりますし、電気代が断然安くなります

そして、もし、発電した電気が余った場合は余った電気を電力会社が買い取ってくれるという売電システムがあることです。このような仕組みが節電意識にもつながりますし、太陽光発電の導入を後押しすることにもなります。そして、太陽をエネルギーとして発電するので、発電のエネルギーは無限にありしかも発電に伴って大気汚染物質を出すこともなく、環境にもやさしく節電ができます。太陽光発電の設置を考えているなら、自治体から補助金が出ている時が買い時でしょう。

●太陽光発電のデメリット

太陽光発電は一見いいこと尽くしのように言われていますが、やはりデメリットもあります。太陽光発電はまだまだ値段が高いです。初期投資が大きくその回収にかかる期間が長く10年とも20年とも言われています。回収期間は設置条件や日照条件により異なってきますので、一概にこの期間というものは出せません。

また、自治体からの補助があるとはいえ、その金額が少なくなってきていることを考えると、今後補助がなくなるということも考えられます。そして電力会社が余剰電力を買い取ってくれるとはいっても、電気の買い取り価格が今後下がっていくことも予測できます。既築住宅に太陽光発電を設置した場合、雨漏りなどの屋根に関するトラブルが後から発生することもあります。